図書館だより2018年7月8月号

 

サマータイムはじまります

7月21日から8月22日水曜日まで、開館時間は朝9時から夜8時まで。

 

巨大ガチャガチャ遊び

まわしてまわして景品ゲット

期間 7月21日土曜日から8月30日木曜日

ガチャガチャを回すと景品がもらえます。

ガチャガチャを回すには、期間中の日付で5冊以上の貸出レシートをお持ちください。

申込みは不要、年齢不問

 

 

ますますこわ〜いおはなし会

ホラー落語、動いて回る恐怖の影絵、光るガイコツダンスのポキポキダンス

日時 8月4日午後2時から3時

場所 ニコリ2階イベントスペース

対象 年中から小学生まで 保護者同伴のみ

定員 40名程度

申込み 7月1日日曜日より韮崎の図書館カウンターまたは電話にて受付

 

 

季節展示

7月の展示

6月30日土曜日から7月29日日曜日

にんじゃでござる からくり屋敷へようこそ展示

山梨に忍者がいたって知っていましたか。

武田家にはお抱え忍者が70人もいたそうです。

ニコリ祭の忍者ショーに合わせて、忍者の展示をします。

今年の夏休みは忍者ごっこで遊んじゃおー。

 

8月の展示

8月1日水曜日から8月30日木曜日

Sea 海に恋して展示

海のない山梨県民にとって、海は憧れの場所です。

海にまつわる様々な本を展示しますので、夏の風を感じてください。

9月2日ニコリ祭では貝殻でペンダントを作る講座を開きます。

夏の思い出のかけらでおしゃれを楽しんでみませんか。乞うご期待。

 

児童書の展示ハウス、スタッフオススメの本、紙芝居の展示も随時行っています。ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

図書館スタッフによるオススメチョイス

この本に注目

タイトル ボブという名のストリート・キャット

ジェームズ ボーエン

辰巳出版発行

本の背ラベル936ボ

今回で第6回目を迎えた三ツ星シネマ上映会。6月に上映した映画は、「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」。

イギリスで150万部を売り上げたベストセラー。そう、今回ご紹介するこの本が原作です。

人生どん底の青年ジェームズと野良猫のボブ。

ひとりと1匹の運命的な出会いの物語は、イギリスで実際に起こった奇跡の実話なのです。

我が家にも2匹の猫がいます。2匹とも元々は野良猫でした。

彼らが私の人生に飛び込んできて、明らかに人生は変わりました。

彼らは我がままで自由でありながら、何故かすーっと心に入ってきます。

それはきっと計算や打算が一切ない、生き物としての純真さがあるからではないでしょうか。

猫の瞳はキラキラと澄んでいて、いつ何時も真っ直ぐですよね。

生き物との出会いは、人との出会い以上に大切な何かをもらたしてくれるのかもしれないと思う今日この頃です。

 

 

えむえむのオンナの心はネコの眼 第12回

こんにちは。

ついに本格的な夏に突入し日差しが肌に刺さる季節になりましたね。

最近の私はというと、会うのが数年ぶりの友だちとランチに行ってまいりました。

この歳になると子どもを持つ友達が多く、かつ土日も出勤が多い職種だとなかなか会う機会がないのでございます。

久しぶりということわたくしえむえむ、ここ最近のぽっちゃり具合に予防線をはっておこうと、

事前に太ったと一言伝えておきました。(いうまでもなく往生際が悪いのがアラサ―の特徴でございます。)

するとどうでしょう。友達から「私も」と返事が来るではありませんか。

またまたーと軽く流しておりましたら、なんと当日参加したメンバー全員若かりしあの頃より確かにふくよかになっておりました。

お互いの姿にどこか安心感を覚えるのは女子特有の仲間意識の表れでございましょうか。

そうやってアラサ―から立派なおばちゃんに成長しようとしていることに目を背けつつ。

ではまた次回。にゃむにゃむ。

スタッフ えむえむ

 

 

ちょっといい話

今年の4月に東京の図書館から、韮崎市立大村記念図書館に異動してきて初めて思ったのは

こんなに広くて綺麗な図書館が近くにある利用者さんが羨ましいでした。

可愛いしおりのプレゼントや、おしゃれなブックカフェが開かれたり、

ヴァンフォーレ共催のたのしいイベントで選手やヴァン君が来てくれたり、

素敵な展示も盛り沢山で次はどんなことが起きるのだろうと働きながらわくわくしています。

みなさんもぜひ一緒にわくわくするひとときを過ごしてみませんか。

スタッフC

 

 

第5回韮崎市図書館を使った調べる学習コンクール応援企画

調べる学習応援講座

全2回、片方のみの参加もOK

第1回目 7月1日日曜日 午後1時30分から3時

初めて応募する方におすすめ

調べる学習を始める為のテーマの決め方やテーマについての本の探し方など

第2回目 7月28日土曜日 午後1時30分から3時

本以外の資料の調べ方や作品のまとめ方についてなど

対象 小中学生及び保護者(小学生は保護者同伴)

定員 各日20名

場所 ニコリ2階会議室9

 

 

 

イベントのご案内

 

朗読のつどい

日時と内容

7月15日土曜日

お手紙 アーノルド・ローベル 作 朗読は中山幸子さん他

生き霊の女 田辺 聖子 作 朗読は小林李枝子さん

おじさんのかさ 佐野 洋子

しりとりのだいすきなおうさま 中村 翔子 作 この2作品の朗読は清水薫さん他

 

8月18日土曜日

柿 壷井 作 朗読は小山喜美子さん

生きる 平和の詩より 相良 倫子 朗読は小澤篤子さん

戦争中 美濃部 美津子 作 朗読は清水一さん

両日とも午後2時から3時

場所 7月15日はニコリ1階オープンスペース 8月18日はニコリ2階会議室9

対象 成人一般、学生、目の不自由な方など

 

 

おはなし会・折り紙遊び

日時 7月14日土曜日 8月11日土曜日

おはなし会が午後2時から2時30分

折り紙遊びが午後2時30分から3時

場所 図書館内読み聞かせコーナー

対象 幼児から小学校低学年

 

 

だっこの会

日時 7月26日木曜日 8月23日木曜日

両日ともに午前11時から11時30分

対象 乳幼児

 

 

えいごdeおはなし会

8月はお休みします

 

工作遊び 手作りガチャガチャ機

夏休みの工作課題にぴったり

パーツを組み合わせてガチャガチャを作ります。

親子で参加して夏の思い出をつくっちゃおう。

日時 7月29日日曜日または8月5日日曜日 午後2時から3時 ※どちらかご希望の日をお選びください

場所 ニコリ2階イベントスペース

対象 小学生以下 ※小学3年生以下は保護者同伴

定員 各20名(保護者除く)図書館カウンターまたは電話にて受付中

 

 

ヴァンフォーレ共催イベント

スポーツの力

7月8日日曜日 午後2時から

この日のタイトルは仕事図鑑

講師は石原克哉アンバサダーです。

コミュニケーションゲーム、講師のプロサッカー選手としての歩みについてのお話、質疑応答を行います。

8月12日日曜日 午後2時から

この日のタイトルは心を育てる

講師は西川陽介アカデミーダイレクターです。

サッカーを通して心を育てることについてお話いただきます。

選手への質問や握手&サイン会も開催

お子さんのみ、大人のみの参加や当日の飛び込み参加も大歓迎。

詳しくはスタッフまで問い合わせください。

 

 

忍者フジヤマだたいま参上

ニコリ祭に合わせて、図書館では本物の忍者をお招きします。

忍者体験、大道芸体験をしていただけます。

日時 9月2日日曜日 午前11時から12時

場所 ニコリ2階イベントスペース

対象 小学生以上 ※小学校低学年は親子同伴

定員 40名

申込 8月7日火曜日より、図書館カウンターまたは電話にて受付

 

 

魅惑の貝がらアートペンダントを作ろう

アメリカ東海岸、カリブ海の船乗りたちからの贈り物

色とりどりの美しい貝殻を使って、世界にたった一つだけのオリジナルペンダントを作ってみませんか。

日時 9月2日日曜日 午後1時30分から3時30分

場所 ニコリ2階会議室9

対象 小学生以上 ※小学校低学年は親子同伴 ※老眼鏡をお使いの方はお持ちください

定員 20名

講師 飯室はつえ氏(世界のコンテストで優勝セーラーズバレンタインアーティスト)

参加費 3000円(材料費込み)

申込 8月7日火曜日より、図書館カウンターまたは電話にて受付

 

 

 

館長コラム

ル・シニエ 図書館長の栞

日頃より図書館をご利用いただきありがとうございます。

しばらく前になりますが、5月初めに、NHKの夕方のニュース番組シブ5時の特集で、

当館で過去に開催した婚活イベントが取り上げられ、おかげさまで色々な反響をいただきました。

最近の図書館では、本や視聴覚資料の貸し出し・返却以外に様々なイベントを行っています。

当館では、定例の行事として、スタッフやボランティアの方が児童センター、保育園や小学校に出向いて

絵本の読み聞かせなどを行うおでかけ子どもとしょかんや、

図書館の読み聞かせコーナーで幼児から小学校低学年を対象にしたおはなし会、

英語の絵本を使ったえいごでおはなし会、乳幼児が対象のだっこの会、

成人一般や目の不自由な方を対象とした朗読のつどいなど毎月実施しています。

その他、連続講座探求教室今年(5月からはヴァンフォーレさん共催で、選手や関係者の方々に

講師として来ていただいています。)

夏休み恒例の工作教室、調べる学習応援講座、こわいおはなし会、

秋以降はわらべうた講習会のほか、ワイヤーアートの教室や貝殻アートの教室、図書館祭り、

クリスマス会・クリスマスコンサートなども企画中です。

これらのイベントは、図書館スタッフが主体で実施するほか、

主に地元で活躍されている方々を講師としてお招きしています。

図書館でイベント?と思われるかもしれませんが、多くの方にご参加いただき、

楽しみながら地元・韮崎の素敵なところなどを発見し、

そして本も借りていただければと思います。

Hirosumi Kato

 

 

図書館カレンダー

7月

1日日曜日 第1回調べる学習応援講座

2日月曜日 休館日

6日金曜日 エフエム八ケ岳本の処方箋12時より生放送

8日日曜日 探究教室スポーツのチカラ講座第3回

9日月曜日 休館日

14日土曜日 おはなし会 折り紙遊び

17日火曜日 休館日

21日土曜日 朗読のつどい

22日日曜日 にらちびフェスタ ニーラの世界でおひるねアート

23日月曜日 休館日

26日木曜日 だっこの会

28日土曜日 第2回調べる学習応援講座

29日日曜日 工作教室

30日月曜日 休館日

31日火曜日 休館日

 

 

8月

3日金曜日 FM八ケ岳本の処方箋12時より生放送

4日土曜日 こわいおはなし会

5日日曜日 工作教室

6日月曜日 休館日 

11日土曜日 おはなし会 おりがみ遊び

12日日曜日 探究教室スポーツのチカラ講座第4回

13日月曜日 休館日

18日土曜日 朗読のつどい

20日月曜日 休館日

23日木曜日 だっこの会

27日月曜日 休館日

31日金曜日 休館日

 

 

編集後記

ヴァンフォーレ共催イベント探究教室2018「スポーツのチカラ」も3回目を迎えようとしています。

これまでの2回、トップチームのゴールキーパー岡西選手、ミッドフィルダ―島川選手に

講師として来ていただきました。

プロのスポーツ選手と間近で接する機会はそうあることではありません。

子どもたちと一緒にわくわくドキドキしながら選手をお迎えするのですが、

彼らに共通しているのは力強くパワーのある明るいオーラです。そう、輝いているのです。

そして光の裏側には必ず影があるように、彼らは人知れず努力を重ねているのではないでしょうか?

その輝きを見るだけで、こちらもパワーをもらえる気がします。“魅せる”とはまさにこのことです。

次回は韮崎の英雄・石原克哉氏を講師として来館します。

大人から子どもまで、ぜひ多くの皆さんに参加していただけたら嬉しいです。

スタッフ有井

 

 

 

別紙

モチヅキッチンVol.19

For 夏休み自由研究

普段なら当たり前のことに対して疑問に感じたり不思議に思ったりすることは、

子どもの時には大切なことです。

こうしたことが好奇心となり、その子の知識や思考を高めることに繋がります。

今回紹介する内容は、大人にとっては疑問に思うことではないかもしれません。

しかし、まだ発達途上の子どもにとっては、調べてみる・やってみることが

とてもよい刺激となります。

夏休み中、自由研究の宿題に困った場合は、どんな小さなことでもかまわないので、

調べたりやってみたりしてはいかがでしょう?

by モッチー

 

夏休み自由研究@

韮崎市立大村記念学校 3年3組 もちづき ともき

@    はじめに

ぼくの家では野菜がとれます。夏の時期になると、トマトがたくさん実ります。

ある日、畑に行くとしぼんでいるトマトを見つけました。

お母さんに聞くと、水分が蒸発してしぼんでしまったと教えてくれました。

トマトは水分が多いことも教えてもらい、どのくらい水分があるのか気になり、

今回の実験を考えました。

A    実験

トマトを3個用意しました。重さは全部で360gでした。

トマトを細かく握りつぶし、フライパンで30分火にかけました。

結果50Gのものが残りました。340g中、290gも水分であったことが分かりました。

次に、他の野菜も調べてみました。玉ねぎを1個と少し用意しました。

重さは同じ340gにしました。

玉ねぎを薄めに切り、フライパンで30分火にかけました。

結果90gのものが残りました。340g中、250gも水分であったということが分かりました。

B    まとめ

トマトは食べるととても水っぽい感じなので、水分が多いだろうと予想をしていました。

玉ねぎは、食べるとトマトほど水っぽい感じはしないですが、

玉ねぎにもたくさんの水分があったことに驚きました。

今回は2つの野菜で実験をしましたが、他の野菜でもどのような結果になるのか気になりました。

 

夏休み自由研究A

韮崎市立大村記念学校 3年3組 もちづき ともき

@    はじめに

カレーは色々なメーカーのものを混ぜると美味しくなるというのを聞いたことがあり、

気になったので実験してみました。

A    実験

6つのメーカーのレトルトカレーを用意して、全てを混ぜて煮込んでみました。

味見は家族にしてもらい、美味しいかどうかを判定してもらいました。

(メーカーはここには記載していませんが、自由研究には記載した方が良いです。

また、それぞれのレトルトカレーの原料も書くと良いです。)

B    実践 実際に自分でもカレーを作ってみました。

工程1.トマトを細かく握りつぶし、フライパンで30分火にかけ、水分を飛ばします。

工程2.玉ねぎを薄めに切り、フライパンで30分炒めます。

工程3.豚バラを大きめの一口大に切り、塩をかけにんにくと生姜と一緒に炒めます。

工程4.肉に火が通り、油が出てきたらカレー粉と小麦粉、最初に調理したトマトと玉ねぎを加えて炒めます。

工程5.炒めたものを鍋に入れ、水とすりおろした人参を加え、1時間弱火で煮込みます。

途中味見をして、塩を足して味を調えます。

C    6つのメーカーのレトルトカレーを混ぜたカレーは、家族に判定してもらいましたが、

1種類のものより特別美味しいかと言われたら、そうでもないという答えでした。

シンプルな方が美味しいという意見や、普段食べ慣れた味の方が良いという意見もありました。

美味しいものを色々混ぜたら、必ずしもより美味しくなるわけではないとわかりました。

カレーは1から作ると意外に時間がかかり大変でした。でも、作るのが大変だった分、

より美味しく感じました。他の料理でも実験してみたいと思いました。

 

材料 4から5人分

トマト 3個 玉ねぎ 1個と少し 豚バラ肉600g 人参 1本の半分 カレー粉 大さじ3

小麦粉 大さじ1 にんにく 小さじ1 生姜 小さじ1 塩 適量 水 1リットル